若狭路の旅


12月2日から1泊で若狭小浜に行って来ました。
京都市内の国道367号線は週末の最後の紅葉を求める車で
こんでいるなか、八瀬、大原を通り「鯖街道」を一路若狭路に
向け走る。途中朽木の「グリーンパーク想い出の森」で当地特産
鯖寿司や岩魚の刺身、塩焼き等で昼食とする。
R367の終点保坂峠でR303に合流し若狭街道R27を西に走り、
東市場の交差点から若狭西街道に入り、名水百選の「瓜割りの滝」
を見て、本堂と三重塔が国宝の「明通寺」と奈良二月堂へのお水送り
の寺「若狭神宮寺」を拝観。
R27に戻り小浜のホテルに到着。夕食は今回の目的であるカニ料理に
舌鼓を打つ、さすがに本場のズワイガニは新鮮で美味であった。

翌朝9時30分ホテルを出発生憎の雨予定の三方五胡をあきらめ
R162所謂「周山街道」を帰る、途中京都北部の美山町「かやぶきの里」
をゆっくりと散策し、モミジの落葉した高雄を通り、京都市内を抜け
自宅に帰宅、辛うじてラグビー早明戦の後半戦を見ることが出来た。

明通寺 国宝三重塔 鎌倉時代 三間三層 桧皮葺

明通寺 国宝本堂 鎌倉時代中期 入母屋造 桧皮葺

若狭神宮寺境内の茶室と散りモミジ

美しい原風景が残る美山町「かやぶきの里」