若狭紀行

 ゴールデンウィークの5月3〜4日に福井県若狭路を巡ってきました。

5月3日 京都南ICで名神に入り、京都東ICから湖西道路の道の駅「藤樹の里」

で昼食を摂り、敦賀市の気比の松原を見物後、R27で三方町の立ち寄り湯に浸り

常神半島の神子漁港の漁師民宿で夕餉で新鮮魚介類に舌鼓。

翌朝6時からの定位置網船の水揚げを見学、観光客も格安で購入していた。

朝食後8時半に宿を出発し、三方五湖のレインボーライン山頂公園にはリフトで

到着、山頂からは素晴らしい展望であった。しかし五色の湖と言われているような

微妙な変化は肉眼では確認できず。次に北陸道の総鎮守 気比神宮に

寄り日本三大木造大鳥居を見物し、北陸一の海鮮市場日本海さかな街で昼食。

奥琵琶湖のメタセコイヤ並木通りを写真に収め、帰路につきました。今回はGWの

渋滞を心配しましたが、初日の名神、湖西道路等若干の渋滞はありましたが、当初

の計画通り巡ることが出来ました。2日とも天候に恵まれた楽しい旅でした。




                                     三保の松原(静岡県)虹の松原(佐賀県)と並ぶ日本三大松原の一つ

長さ約1.5キロ


                                           白砂青松のコントランスが印象的                               


                                                   常神半島道路の展望台より

                                                神子漁港の森林に生息しているサル

                                               常神半島神子漁港



                            定置網船での水揚げ


良型のヒラメ


ヒラメとタイの船盛り

             三方五湖のレインボーライン山頂へのケーブルとリフト

若狭湾国定公園の代表的な景観(別名五色の湖と言われているが
肉眼では区別がつかない。


日本海の碧い海

日向湖

久々子湖

水月湖

三方湖
氣比神宮 大鳥居は春日大社、厳島神社と並ぶ三大木造大鳥居


メタセコイヤ並木通り
全長2.4キロ
日本の街路樹百景に選定されている

                                               最後までご覧いただき有難うございました。