早春の丹後半島


ようやく暖かくなった3月8、9日に日本海の幸と温泉を求め、丹後半島に行ってきました。
今回は京都まわりで京都縦貫自動車道を使って行きました(昨年の11月は舞鶴若狭自動車道
で行った)高速料金が3分の1で済みました。

海の幸は昼食を8日天橋立の「対橋楼」で海鮮丼を9日は舞鶴海鮮市場内の「一蔵」で新鮮
魚貝類の海鮮焼き、また夕食はカニのフルコースを食しました。
温泉は木津温泉の宿で京都唯一の源泉かけ流しの湯を堪能しました。(松本清張が昭和40年
2ケ月滞在して「Dの複合」を執筆した部屋に宿泊)
http://www.h-ebisuya.com/


天橋立 宮島(広島)松島(宮城)と共に日本三景のひとつ、天橋立ビューランドからの
眺めは天に昇る龍のように見えることから飛龍観と呼ばれている。

[
「股のぞき台」から股覗きで見た様子が天に架かる橋のように見えるといわれている。


天橋立にかかる廻旋橋大型船が通過するたびに橋が回転する。


智恩寺の多宝塔は国指定の重要文化財


旅の駅では新鮮な漁貝類を求めて観光客で賑わっていた

北近畿タンゴ鉄道宮津線のレトロな「木津温泉駅」