錦秋の嵯峨野

今年の京都の紅葉は遅れていたが、ようやく見ごろを迎えた11月28日嵐山、

嵯峨野に紅葉めぐりに行ってきました。

阪急嵐山駅から渡月橋を渡り、お土産店のメイン通りの天龍寺前を過ぎて、左折して

散策路から野宮神社を覗き、竹林小路から大河山荘前を通り、右手にトロッコ列車

嵐山駅を見て嵯峨野随一の紅葉の名所で女性に人気の常寂光寺の満開の紅葉をめで、

次に百人一首で名高い小倉山の東麓にある二尊院では紅葉の馬場等を見物、今回初めて

の宝筐院(ほうきょういん)の庭園は想像以上に素晴らしく紅葉も丁度見ごろでした。最後に

大覚寺(旧嵯峨御所)の襖絵を鑑賞し、境内の東にある名勝地大沢池を散策してきました。



竹林小路

   

                                                 小倉池に映えるモミジ



                                   嵯峨野随一の紅葉の名所「常寂光寺」女性に大変人気














                             

モミジの中の多宝塔   



二尊院総門 伏見城の薬医門を移築したもの



参道は紅葉の馬場といわれている







勅使門(唐門)





鮮やかな色つきのイロハもみじ

紅葉越しに見る本堂



宝筐院白河天皇が開創

想像以上に素晴らしい庭園 紅葉も丁度見ごろ













大覚寺(旧嵯峨御所)式台玄関


境内の紅葉


                                               真紅に染まる1本のモミジ



境内の東にある大沢池(庭湖)
   




定番スポットの松と渡月橋と嵐山


最後までご覧いただき有難うございました。