京の桜めぐり

今年の桜は例年の早咲きの枝垂れ桜と染井吉野がほぼ同じ時期に
見ごろを迎えたようで、3月29日京都井手町の「地蔵禅院」の枝垂れ桜
3月30日京都 八幡市背割り堤の染井吉野の観桜に行きました。

4月1日京都市内の桜めぐりで、平野神社、木屋町通り界隈、祇園白川
山科疎水、毘沙門堂を回ってきました。



 

                                             京都府井手町の「地蔵禅院」の枝垂れ桜


枝垂れ桜と鐘楼

                                                  眼下に井手町を一望

                                             淀川三川公園 背割り堤の染井吉野       


                                              全長1.4キロで250本の桜のトンネル

                                      宇治川、桂川、木津川の合流点

                                               



                            


ここから淀川になる


三条京阪 川端通り界隈




川端通り越しに祇園白川の桜

京都屈指の桜の名所平野神社

出店も沢山

桜苑内には50種400本桜が鑑賞できる

本殿の傍の紅枝垂れ桜

 


                                                               

 


                                                             

 


                                                         





 


                                             木屋町通りの高瀬川に映える染井吉野

 


   

 


 


   

 

                                                    祇園白川の大和橋から

 


                                              鷺もポーズ

 


                                         歌人 吉井勇が詠んだ一首

 

                                                    風情ある巽橋も外国の観光客がいっぱい

 


                              山科疎水の菜の花は手前の一部を残し野生のシカに食べられ景観が損なわれている


 

                                    京都の隠れた桜の名所 毘沙門堂の枝垂れは樹齢150年と言われている
                                 当日関西テレビの中継放映のためスタッフが準備に追われていた

 



                                 JR東海の「そうだ、京都に行こう」のポスターに使われた



               平野神社の桜苑内を動画でご覧ください

                                        


                                     最後までご覧いただき有難うございました。