木曽駒ケ岳千畳敷


8月に入り週間天気予報をみながら、晴天を確信して10日(金)に日帰りで行ってきました。

当日朝4時40分に枚方の自宅を出発、名神京都南IC(5:00)から小牧JCTで中央道に入り恵

那峡SA(7:40)で朝食バイキングを摂る(前回もここで朝食)、駒ケ根ICを出て菅の台バスター

ミナル到着(9:20)駐車場は既に満パイ、第2駐車場に回る、バスに並び前の団体客が一台に

一緒に乗車したいとのことで、譲ってもらい最初のバスに乗車 ラッキーであった。 40分で

ロープウェイのしらび平駅(1,662m)に到着 2台目のロープウェイで千畳敷駅(2,512m)

に8分で着いた。(10:50)千畳敷カール内の遊歩道を1時間程かけてゆっくり散策、雲上の

お花畑(高山植物)とのうたい文句であったが、一寸期待はずれあった。しかし標高2,500m

の千畳敷は気温18度と快適な散策であった。

ロープウェイ、バスで菅の台に帰り、信州そばで昼食後、立ち寄り温泉のお風呂で汗を流し、

菅の台を2時30分に出発、順調に中央道、名神を通り第2京阪に入りひとつ手前の八幡東ICを

過ぎた途端大渋滞、通常は5kで6分ほどで出れるのに3時間もかかった、又ガソリンは満タンで

入れて丁度帰れるとの計算で途中給油しなかったので、大渋滞の中残量警告灯が点灯し脱出

まではらはらであった。7時の帰宅予定が結局10時30分になり、ながーい一日であった。

      南アルプス連峰 富士山に雲がかかっている


 晴天の千畳敷カール


 高山植物のお花畑?




   千畳敷カール内の残雪



   コバイケイソウ


主な高山植物

      トリカブト                            イワカガミ

   シナノキンバイ                        ミヤマクロユリ