上州・越後の紅葉めぐり

 10月14日から2泊3日で一足早い紅葉を求め、3つのロープウェイで上州・越後 

紅葉めぐりのツアーに行ってきました。

今年の紅葉は全体的に遅れ気味とのことで、今回の旅行も谷川岳以外は殆ど

紅葉は見られず、したがって写真も谷川岳の紅葉を中心にアップしてみました。

14日 京都駅10:10発サンダーバード11号に途中乗車(本隊は大阪発)

北陸本線金沢駅12:18分に下車 観光バスに乗り換え金沢東ICで北陸自動車道

に入り、上越JCTで上信越自動車道に進み 信州中野ICで下り、志賀高原ルートを

車窓から見ながら、横手山の渋峠からの夕景の山並みを眺め、本日の宿舎万座高原

ホテルに5時過ぎに到着、 標高1,800mに位置し8つの石庭露天風呂がホテル

の名物である。夜朝と温泉を満喫。

15日 ホテル8時10分発 万座ハイウェイを走り 月夜野ICで関越自動車道に乗り

日本一長い関越トンネル(10,926m)を抜けると(関越トンネルを境に天候が急変すると

いわれている)新潟側は小雨になっている、小出ICで降り、一般道で奥只見湖に到着

外輪船ファンタジアで遊覧 殆ど紅葉してない小雨の中の遊覧であった。(パンフでは越後

随一の紅葉名所) 次にシルバーライン(岩肌が露出した迫力のトンネル道路)を通り、

八海山ロープウェイでは山頂展望デッキからの眺望はあいにく霧が立ち込め視界は0の

状態であった。関越道の水上ICで下り、本日の宿舎水上高原ホテルに向かう、6時過ぎ

に到着。

16日早朝 5時半起床しホテルの周囲の雄大な山並みの朝焼けの写真を撮り、ホテルを

8時半に出発 水上温泉郷を経由し 本旅行のメイン谷川岳に向かう、ロープウェイ乗り場

土合口駅では朝早いこともあり、スムースにゴンドラに乗り7分の空中散歩で天神平駅

(1,319m)に到着、色とりどりの今年最初の紅葉に見とれながら、ペアリフトで天神峠駅

(1,502m)に着き,天神展望台からの雄大な谷川岳は真紅に染まり絶景に感激、また

眼下に広がる2,000m級の大パノラマは圧巻であった。

最後の目的地スキー場で有名な湯沢高原のアルプの里へは世界最大級(166名乗り)の

ゴンドラに乗り山頂の花畑では丁度コスモスが見ごろであった。

帰りは上越JCTで北陸自動車道に入り、一路JR金沢駅に6時50分に到着、7時43分発

サンダーバード44号に乗車し、10時02分京都駅で下車、自宅には11時に帰宅。

今回の旅は紅葉めぐりが主目的であり、初日、2日目とも紅葉はなく、心配したが、最後に

谷川岳で見事な紅葉にめぐりあえ、一足早い紅葉狩りが出来た旅であった。


ロープウェイ「フニテル」で10分間の空中散歩


途中だんだん色つき初めています



ロープウェイで天神平駅(1,319m)からの燃えるような風景



                                            まさに錦秋の絶景





リフトからの景観


                                        天神平からリフトで10分で天神峠駅(1,502m)に到着



           「日本百名山」谷川岳1,977m                              


                                       全山燃えるような真紅の紅葉に圧倒される

    

左がトマの耳(1,963m)右がオキの耳(1,977m)



天神峠展望台から頂上まで3キロ2時間半で登れるそうです



左が笠ケ岳 中央が朝日岳 手前が白毛門

                                  


眼下の2千m級の中央アルプスの大パノラマ


下りのリフトからの光景





志賀高原ルートを抜け横手山の渋峠からの幻想的な夕景    





                            


奥只見湖は未だ紅葉なし(パンフでは越後随一の紅葉の名所)



外輪船で小雨の中での遊覧



八海山ロープウェイ標高差771mを5分で頂上展望台に到着



八海山はあいにくの雲の中




水上高原ホテルからの朝焼けの山並み



幻想的な山並み



湯沢高原アルプの里へ世界最大級(165名)ロープウェイで


アルプの里 花公園ではコスモスが満開



最後までご覧いただき有難うございました。