福岡大宰府天満宮


   1月31日 博多天神町での高校同窓会に出席して、翌2月1日太宰府天満宮に
   参拝し、また九州国立博物館を見学してきました。


   太宰府天満宮は、菅原道真(すがわらみちざね)公(菅公)の御墓所の上に社殿を
   造営して、その神霊を御奉祀する神社で、「学問の神」「至誠の神」として世の
   崇敬を集めています。

   九州国立博物館は、東京、京都、奈良に次ぐ、4番目に設立された国立博物館として、
   2005年に開館したもので。「日本文化の形成をアジア史的観点から捉える」
   というコンセプトで展開している。(パンフより抜粋)


本殿に通じる太鼓橋


 楼門



  本殿


 舞の奉納

御神木 飛梅はいまだ蕾の状態

境内の梅林で白梅が僅かに咲いていた


160m×80mの蒲鉾形でサッカー場が入るくらいの広さ