秋彩の奥飛騨

 10月11〜12日の1泊2日の夫婦限定バスツアーに参加してきました

11日寝屋川、枚方、高槻から21組42名の満席で出発、大山崎ICから名神、

北陸自動車道の北福井ICで下り、一般道157号線を走り石川県白山市尾添から

白山スーパー林道(33.3キロ)は車窓からの紅葉はまだまだで、「ふくべの大滝」で

下車して見物後一路白川郷に向け走り、白川郷では一時間の駆け足で回り、

全体を見渡せる展望台には行けず、本日の宿泊地飛騨高山温泉のホテルに

チェックイン。

12日9:00ホテル出発 「飛騨高山・祭りの森」に寄り、日本最高所の道路

乗鞍スカイラインの雲上ドライブは生憎の強風と雲天で車窓からの視界が悪く

期待した景色は見えず、終点の乗鞍畳平は気温7度と強風で撮影も思いどうりに

出来ず。早々にバスに戻り最後の目的地上高地に向かう、途中通行規制のため

平湯駐車場でシャトルバスに乗り換え、大正池で下車し、大正池〜田代橋〜

ウェストン碑〜河童橋〜バスターミナルまでの2時間の散策を楽しみました。

今回は一足早い紅葉を求めてのツアーでしたが期待したほどの紅葉には出会えず

10日ほど早かったようです。

2日間で代表的観光地4カ所(白山スーパー林道、白川郷、乗鞍岳、上高地)を

回る強行軍でしたが、雲天ではありましたが初秋の奥飛騨の旅を楽しみました。



                                「白山スーパー林道」石川県白山市と岐阜県白川村を結ぶ(33.3キロ)有料道路


「ふくべの大滝」標高800m 落差86m

                                   
                                             車窓からの紅葉


                                                    白川郷の庄川に架かる「であい橋」         


                                                  

                                                      長瀬家

                                          案山子と合掌造りの家



                       集落で最も由緒ある「和田家」ー国重文

飛騨高山・まつりの森


乗鞍スカイラインの車窓からの紅葉

            マイカーでは行けない日本最高所の道路

生憎の雲天で期待した眺望は見えず
                        
終点の畳平(標高2,702m)は気温7度
                      

上高地大正池


焼岳は雲の中



中の瀬園地の草紅葉

草紅葉と大滝山


田代橋


ホテル周辺の紅葉

上高地を世界に広めたウェストンの碑


霞沢岳の黄葉


右岸から見る河童橋


左岸から見る河童橋


河童橋から見る涸沢カール 穂高連峰は雲の中



雰囲気のある喫茶店から・・・・

 最後までご覧いただき有難うございました。