春の信州を巡る


                      GWの 半ばの平日(1日〜3日)に信州(諏訪湖、安曇野、松本城、松本市内散策)
            の観光地を巡ってきました。久しぶりのロングドライブ旅行であった
 5月1日(月)
                       枚方自宅を8時に出発 京滋バイパス、名神、中央自動車道(駒ヶ岳SAで昼食)で
                         諏訪湖ICで下り、湖岸の北澤美術館で創設35周年記念ガレのジャポニスム展を観賞
              諏訪大社下社秋宮に参拝し、諏訪湖岸に位置するホテルに入る。

5月2日(火)
                      展望階での朝食時スタッフから諏訪湖越しに富士山が見えるのを教えてもらう。
                       ホテルを8時半に一般道を安曇野に向け出発、途中アルプスの山並みを眺めなが
車を走らせる。
                          安曇野の大王わさび農場に到着、早速「安曇野わさび田湧水群」を見学、期待以上の
   風景であった。穂高の麓のそばどころで遅い昼食
松本近郊の浅間温泉の旅館に宿泊。

  5月3日(水)
                               8:30旅館出発 松本市内の駐車場に車を入れ、松本城、松本市内(縄手通り、中町通り)
                               を散策し、10:30に松本市を出発、中央自動車道は順調に進む、名神に入ってから関ヶ原
                          から渋滞が発生、また京滋バイパスも渋滞、帰路についたのが、6時過ぎであった。

               病み上がりの体調であったが、何とか持ちこたえた旅であった・
                                  

デジブックでご覧ください