京の桜めぐり

4月8日平安神宮の八重紅枝垂れ桜を見に行ってきました。
神苑では、約150本の「紅枝垂桜(べにしだれざくら)」をはじめ、
「染井吉野」「彼岸桜(ひがんざくら)」など約20品・300本の桜が
咲き誇ります。神苑に入ってすぐの場所にある「紅枝垂桜」は特に
見事で、「里帰りの桜」とも呼ばれています。


岡崎公園の琵琶湖疏水沿いのソメイヨシノを観賞しながら南禅寺を
参拝し、哲学の道のソメイヨシノは既に見ごろを過ぎ落葉に状態で
あった。バスで京阪三条に出て、木屋町通りを四条に向かう途中に
祇園白川の桜を愛でるも散り始めの中花嫁衣裳の女性をモデルに
しきりにシャッターを切っていた。今回の桜めぐりは盛り沢山のところを
回ったが、枝垂れ桜は見ごろでもソメイヨシノは殆ど終えていた。

  行程: 地下鉄東山駅〜神宮通り〜平安神宮〜岡崎疎水沿い〜インクライン
       南禅寺〜哲学の道〜永観堂前バス停(バス)〜京阪三条〜木屋町通り
〜四条河原町〜祇園白川〜京阪四条駅  14,700歩


地下鉄東山駅から神宮通りの路地裏に風情のある景色

   

                                                    朱の鳥居


                                                     大極殿

南神苑の「里帰りの桜」









 紅枝垂れと大島桜が重なりあって


                             

東神苑の泰平閣と枝垂れ

尚美館(貴賓館)と枝垂れ  



水面に映える枝垂れ








泰平閣から望む東神苑


琵琶湖疏水沿いを遊覧する十石船





南禅寺船着き場


蹴上インクライン

南禅寺三門と桜


哲学の道のソメイヨシノは散り始め


                                         木屋町通りの高瀬川に架かる桜


祇園白川の桜は殆ど終えていた

巽橋上では花嫁衣裳の女性が行き通っていた


デジブックでご覧ください



最後までご覧いただき有難うございました。