梅林と湯郷温泉の旅


                                       2月27、28日と播州綾部山梅林の観梅と岡山県美作市湯郷温泉に行って来ました。
                                      瀬戸内国立公園新舞子のひと目2万本の綾部梅林(西日本最大)では早咲きの紅梅がちらほら  
                                     咲いる状態で全体的には2〜3分であった. 
                                     静かな山あいに佇む湯郷温泉は別名「鷺の湯」と云われ雄大な自然を背景に風情を感じさせる温泉であった。  
                                    
                                     帰路日生町の海鮮市場「五味の市」は好天に恵まれたこともあり大変なにぎわいであった。新鮮な牡蠣料理の昼食を食し、
                                     山陽道、中国道、名神を乗り継ぎ大山崎ICで下り自宅5時前に帰ってきました。
 
                                                    旅の行程
                 
                                     2月27日(金) 自宅9:30〜大山崎IC〜吹田JCT〜中国自動車道〜神戸JCT〜山陽自動車道〜淡河PA(休憩)
                                     龍野西IC〜国民宿舎新舞子荘(昼食)〜綾部山梅林〜龍野西IC〜播磨JCT〜播磨新宮〜R28〜佐用IC〜美作IC
                                     〜道の駅彩菜茶屋〜湯郷温泉〜竹亭旅館

                                     2月28日 旅館9:30〜湯郷温泉元湯〜R374〜日生漁港 五味の市 〜海の駅しおじ(昼食)〜R250 〜赤穂IC
                                     〜龍野西PA〜淡河PA〜西宮名塩SA〜中国道〜名神〜大山崎IC〜自宅

                                                   綾部山梅林より眼下の播州灘右奥が小豆島

                       ひと目2万本の梅林は2〜3分咲き





  早咲の紅梅

眼下の菜の花畑


 

フグ、カニ、岡山牛付きの会席料理


朝食

竹亭のひな人形の祭壇
湯郷鷺温泉の元湯
岡山県日生町漁港の五味の市は大変賑わい

                                             五味の市 牡蠣フライの昼食
                                                               


                                          最後までご覧いただき有難うございました。