淡路島、鳴門を巡る旅


                                        2月10,11日と淡路島のあわじ花さじきの春を先取りしたストック、菜の花
                                        を観賞し、水仙の日本三大群生地の灘黒岩水仙郷では500万本の華麗な純白
                                        な野生のスイセンの遊歩道を散策。
                                        鳴門では大塚国際美術館の世界中からコレクションした「陶板名画」1000点
                                        あまりの展示作品を3時間ほどかけて鑑賞。宿舎は鳴門海峡の近く「鯛丸旅館」
                                        で鳴門タイ尽くしを堪能しました。
                                    
                                                              旅の行程
                                        2月10日枚方の自宅9:30〜大山崎IC〜吹田JCT〜中国自動車道
                                        〜神戸JCT〜山陽自動車道〜淡河PA(休憩)〜明石大橋〜淡路IC〜あわじ花さじき
                                        〜東浦IC〜淡路ハイウエイオアシス(昼食)〜淡路IC〜神戸淡路鳴門自動車道〜
                                        大鳴門橋〜鳴門北IC〜大塚国際美術館〜鯛丸旅館
                                       
                                        2月11日宿舎9:30〜大鳴門橋〜淡路島南IC〜道の駅うずしお〜灘黒岩水仙郷〜
                                        西淡三原IC〜東浦IC〜すし店(昼食)〜松帆の湯(立ち寄り湯)〜神戸淡路鳴門
                                        自動車道〜山陽自動車道〜中国自動車道〜名神自動車道〜大山崎IC〜枚方市自宅                                        
                                           
                                       今回の旅は同行者の強い希望で大塚国際美術館の展示観賞に充分時間を取ったため、、
                                        ゆっくりと撮ることが出来た。

                                       

                                                         明石海峡大橋を通り淡路島へ

                        四季それぞれの花が咲き誇る
一足早く春を感じるようなストックが見ごろ

菜の花も元気に咲いている

宿舎「鯛丸旅館」から見る朝陽

朝日に映える大鳴門橋


大鳴門橋から観る渦潮
標高608mの丘稜から45度の急斜面に500万本の野生の水仙

日本三大群生地の水仙郷







2、大塚国際美術館の展示作品


ミケランジェロ 礼拝堂天井画および壁画

フェルメール.ヤン 真珠の耳飾りの少女(青いターバンの少女)


フェルメール.ヤン デルフトの眺望 フラ.アンジェリコ 受胎告知 レオナルド.ダ.ヴィンチ 受胎告知

ラファエッロ  アテネの学堂 ラファエッロ  小椅子の聖母 ミケランジェロ  聖家族(ドーニ家の聖家族)

ティツィアーノ  聖母被昇天 ティツィアーノ  ウイルビーンのヴィーナス ボッティチェツリ.サンドロ  ヴィーナスの誕生

レオナルド.ダ.ヴィンチ  モナ.リザ レオナルド.ダ.ヴィンチ 最後の晩餐 ブーシェ.フランソア  リナルドとアルミーダ

ドラクロア.ウジェーヌ  民衆を導く自由の女神 ミレー.ジャン=フランソワ  落ち穂拾い モネ.クロード  睡蓮.バラ色のハーモニー

ゴッホ.フィセント.ファン ヒマワリ レンブラント.ハァン.レイン  夜警 ダヴィッド.ジャック=ルイ  皇帝ナポレオン一世と皇后
ジョゼフィーヌの戴冠

最後までご覧いただき有難うございました